いまどきの美容事情

めまぐるしく変わっていく最新の美容事情、一体どれが本当に良いのかなんてやってみないことには分かりませんが中には高級なものだってあります。選べない!なんて方には一度ここを覗いてみてはいかがでしょうか?

夏といえば紫外線!日焼け止めから始める美容

日差しがジリジリと照りつける夏は、紫外線対策をしっかり行う事が大切です。
紫外線を浴びてしまうと、メラニン色素が作られてしまう為、シミやくすみの原因となってしまいます。
また、紫外線は肌の奥深くにまで浸透し、コラーゲンを変形させてしまうと言われています。
コラーゲンの形が崩れてしまうと、肌のハリや弾力は失われ、シワやたるみとなって肌表面へと、現れてくるのです。

美肌やアンチエイジングに大敵の紫外線は、まず日焼け止めを使う美容法から対処しましょう。
日焼け止めでの美容法は、紫外線対策において基本中の基本です。
ただ、日焼け止めならどれでも良いという訳ではなく、自分の肌に合った日焼け止めを使わなければ、肌荒れなどのトラブルを引き起こす原因となってしまいます。

日焼け止めには大きく分けて、「紫外線を化学反応で肌に浸透させない」ものと、「鉱物などで紫外線を反射し物理的に浸透させない」ものの2種類があります。
化学反応で紫外線から肌を守る日焼け止めには、「紫外線吸収剤」という成分を含んでいるのが特徴です。
紫外線吸収剤は肌馴染みが良く、白くなりにくいので、使いやすい日焼け止めです。
ですが、肌の上で直接化学反応が起こるので、肌が弱い方は刺激を感じやすいと言われています。

物理的に紫外線を跳ね返す日焼け止めは、「紫外線散乱剤」という成分が含まれており、多くは「ノンケミカル処方」と書かれています。
ノンケミカル処方の日焼け止めは、敏感肌の方でも肌トラブルが起こり難い点が魅力です。

このように、紫外線から肌をガードする作用は、含まれている成分によって違いがあります。
まずはパッチテストをして、自分の肌に合っているかどうかチェックする事から、日焼け止めによる美容を始めましょう。